不要なトラックは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2017年10月17日

トラックが高く売れる理由と買取り査定について

東南アジア

■トラックが高く売れる理由
最近では新旧問わず、トラックが高値で売れるようです。
元々は国内で販売して、需要がないものはスクラップといった形が一般的でした。
しかし、近年では先進国を中心に輸出されるようになってきているようです。
というのも、東南アジアを始めとする先進国では需要が伸びてきているようで、国内のトラックに高値がつけられるようです。
そこに目を付けた会社も多いようで、トラックの買取りに力を入れています。

■状態はどこまで大丈夫?
そのトラックの状態ですが、廃車寸前では売れないのではないだろうか?などと心配しておられる方も多いと思います。
しかし、実際にはバッテリー上がりなどの不動車・廃車寸前・事故車・低年式車・過走行車など、比較的どんな状態のものでも買い取ってもらうことが可能なようです。
国産のトラックは中古でも非常に人気が高く、不動車や廃車寸前のような車でも部品取りすることが大きな要因のひとつです。
特に東南アジアでは新車のトラックはなかなか高額で買えないので、中古のトラックを壊れても乗り続けるのが一般的だからです。
それによっぽど売れない状態であったとしても、トラック自体の鉄くずとしての価値もあるので0円ということはほぼあり得ないようです。

■トラック以外の車両の買取りについて
トラック買取りというぐらいだから、トラックしか売却出来ないの?と思われる方も少なからずおられるかもしれません。
しかし、ほとんどの業者ではトラック以外の重機・商用車・建機・フォークリフト・マイクロバスなども買い取ってくれるケースが大半です。
他にも国内では走行することが出来なくなったディーゼル車などの買取りを行っている場合も多いようです。
もし、トラックやこれら以外の特殊な車両について、買い取ってもらえるのか疑問があれば直接会社に連絡してみた方が良いでしょう。
思わぬ価格で買い取ってもらえるケースもあるので、一度査定に来てみてもらってはいかがでしょうか?

■査定について
もしも査定に来てもらうとして、気になるのがいくらぐらい費用がかかるかですよね?
その点に関しては、出張査定を無料で行っている業者がほとんどなので、交通費や査定費などの心配は無用です。
査定の場所に関しても、どんな田舎であっても無料と謳っていることが多いです。
それに売却時の面倒な手続きも必要な書類さえ揃えれば、無料で代行してくれるので手間を省くことが出来ます。
気になったという方は一度電話で確認してみても良いと思います。
万が一、忙しくてなかなか時間が取れないという方は、メールでも受け付けているので利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です